フィリピンの現地移動。ジプニー / トライシクル / タクシー他の乗り方

フィリピンの現地移動。ジプニー / トライシクル / タクシー他の乗り方

留学中に避けては通れない移動。長期間に渡る留学生活では、土日や授業後にお子様と外出する機会が多々あります。また、短期間であればなおさら、限られた時間の中で効率的に移動するために移動手段の把握は必須になってきますね。

 

平日は校内、休日はツアーに参加!という過ごし方もできますが、現地での移動ができれば留学中の楽しみ方の幅が一気に広がります。事前にチェックしておけば難しいことはないのでチャレンジしてみることをおススメします!

今回は、空港から学校だけでなくショッピングや観光、マッサージに行く時に必要なフィリピン現地の交通手段をご案内します!

avatar

ママぴよ

メインの移動手段タクシー

フィリピンのタクシー

私たち外国人が利用する公共の乗り物として、最も一般的なのはやはりタクシーです。

初乗りは40ペソ。(約90円)で30分ぐらい乗っていても300ペソ程で日本円では約700円弱ととても安いため留学生や観光客がメインで利用する移動手段となっています。

 

フィリピンでは車体が白くTAXIと書いてあるものが現地のフィリピン人も利用する正規タクシーでタクシー会社に所属していてメーターがついています。
※車体が白いので白タクと言われる方いますが違いますヨ

タクシーの乗り方

乗る前にメーターがついているかどうかを確認して乗るのが重要です。あとは日本のタクシーと同じように行き先を伝えればOK。ちなみにセブシティではほとんどの場合、何も言わなくてもメーターを倒して走り始めてくれるので安心してください。
ただ特殊なエリアによっては交渉制でないと乗せてくれないこともあったりするので、はじめての場合は、学校スタッフさんに相場を確認してみるのが無難です。

 

また夜間や遠くへ行く場合は、メーター+50ペソでなどと言われることもあります。それは個人の判断にお任せしますが、私はこころよく払っています。プラス100円ぐらいです。

 

また、イエロータクシーという黄色い車体の空港タクシーも存在します。白いタクシーよりも相場は高めになり、空港からの往復のみ。空港を出ると待ち構えていて強引に誘導されますが無視したほうがよいです。値段交渉でトラブル例も聞いたりするので、ママぴよとしては白いタクシーに乗ることをオススメします。

タクシーでぼったくりに合わないために
フィリピンではタクシーのメーター利用が法律で義務付けられていますので、必ずメーターを倒してもらってください。

マニラやマクタン島では外国人など観光客相手だと、メーターが壊れていると嘘をついて3倍ぐらいの金額で交渉してくるドライバーがいるのも事実。そんな場合は乗らずに別のタクシーを捕まえましょう。

その他タクシー利用時の注意点!

  • 乗る前に行き先を告げてドライバーが知っている場合のみ乗り込む。知らなくても知ったふりをすることもあるので怪しそうならやめる。
  • メーターが40ペソスタートになっているかを確認。なっていなかったらリセットしてもらう。分かりづらい場所についていることもあるので必ずどこにあるか見つけて。
  • メーターの動きがおかしくないかも時折チェック。時々改造メーターというものがあります。異様なスピードで進むことも。
  • 携帯の忘れ物がなぜかとても多いのがタクシー。車内で地図などをチェックしてそのまま置き忘れてしまうよう。降りる際はしつこいくらいに忘れ物がないかを確認して。タクシーの座席がしずんでいるせいか車内で携帯を使ってないのに落としてきたという人もいます。忘れ物はほぼ100%返ってこないと思っていてください。
  • タクシーに乗る時は小額紙幣を準備。1000ペソと500ペソは避けて。お釣りがないと言われることがほとんど。20ペソ札、50ペソ札など100ペソ以下の紙幣があるかを確認してから乗車を。
  • タクシードライバーへのチップは基本的には必要ありません。チップと言ってる人もいますがご自身の気持ち次第で。チップ代わりにメーターの数ペソ単位は切り上げて渡すことが多いかな。

ママぴよファミリーは家族で外食に行った際にトランクにベビーカーを入れたままで見事に忘れてきました。ショック!

avatar

ママぴよ

配車アプリのGrabタクシー、カー

最近多くなって来ているのが配車アプリのGrab TaxiやGrab Car。スマホのアプリからタクシーを呼ぶことが出来ます。GPSを利用して自分のいる場所・乗車予定の場所や目的地をドライバーに伝えることが出来るので、英語が苦手な人でも気軽に利用できます。

 

また、現金での支払いの他に事前に登録したクレジットカードでの支払いができるのも便利なポイントです。日本で事前にインストールして設定しておくとよいでしょう。

GrabカーとGrabタクシーでは二種類あってカーのほうが評判がいいです。ナビとか地図読める人がドライバーが多く車も一般車ですがタクシーに比べて綺麗です。

ジプニー、ジープ

ジプニー

ジプニーとは、トラックの荷台の部分を改造して座席にしているデコトラックのような乗り物です。ジープと呼ぶエリアもあります。

このジプニーは日本で言うバスで、大人から子供まで現地の人たちのメインの交通手段です。

 

ジプニーは路線が決まっていてそれぞれ決まったルートを巡回しています。番号とアルファベットでルートが決まっているので番号を見て自分が乗りたいものに乗ります。(例えば上の写真の21Aをはじめ、13Bや22Iといった感じ)

車体の横やフロントガラスのあたりにランドマークとなるモール名や地名が書かれているのでそれを目印にする場合もあります。乗る車線によって同じ番号でも逆方向に行くので注意。

 

ただ、はじめて行く場所にジプニーで行くのはオススメしません。降りるポイントがわからなかったり距離感がつかめないと思うので。慣れてきた場所やルートを知っている番号のジプニーにだけ乗りましょう。はじめはフィリピン人の先生や学校スタッフさんと一緒に乗る方が安心かも。

また、学校によっては安全上留学中のジプニー利用を禁止している学校もありますので、まずは学校で確認を。

Cebu Jeepney Mapという路線図のようなルートが見れる便利なアプリもあるので参考にすると良いです。ただ、ジプニーも道路工事や渋滞回避などで乗り場や路線が変わることもあるので注意が必要です。

ジプニーの乗り方

①ジプニーを止める

まず乗りたい番号のジプニーが来たらを手を上げて止める。基本的に日本のように決まったバス停のようなものはなく道のどこでも止まってくれます。ただモールなどでジプニーステーションがある場所はそこに並んで待ちます。

②乗車

乗り込む時は、降りやすいから手前から座っていくのがフィリピンスタイル。(奥へ詰めてあげるは日本人の優しさ気遣いゆえ)車内はせまいので頭上注意。

③料金の支払い

ドライバーのみの場合は、バケツリレー方式でお金を渡して行きます。後ろにアシスタントがいる場合は、そちらにお金を渡します。お金を渡す時は、pleaseといえば大丈夫(palihugというと現地語なのでさらによし)

金額は距離によりますが、セブ市内であればほぼ7ペソ(約15円)。お釣りもでますがなるべくお釣りのないようにしたほうがスムーズ。100ペソとかはお釣りを誤魔化されることもあるのでやめた方が良いです。小銭を用意していきましょう。

④降車

降りるポイントが近づいたら天井についている手すりまたは天井をコインでカンカンカーン!と叩いて知らせます。(大きな声でLugar langと言うと、現地語で止まってくださいの意味なのでさらによし)

こちらも基本的にどこでも止まってくれます。

ジプニー乗車時の注意点!

安くて便利なジプニーですが慣れないと少し注意が必要。
中でも特に注意しないといけないのは、とにかくスリ!!盗難が多発するのがジプニー内です。手口はまちまちなので自己責任で乗ってください。カバンは常に自分で抱えて目を離さないことが重要です。

 

スリはグループのことが多く、コインを落として拾ってるすきにとか髪の毛にガムが付いているよなどと気を引いたりします。巧妙で本当に知らないうちにやられます。隣にも向かい側にも敵がいるかもと思って乗るくらいの気持ちで。写真を撮りたいという気持ちもわかりますが、車内ではスマホは出さないように。出してしまえば取ってくださいと相手に伝えるようなものです。

 

心配であれば降りたい場所を、隣の人やドライバーさんに乗る時に伝えておくと良いです。そうするとたいてい着いたよと教えてくれます。フィリピン人は協力的なので大丈夫ですよ。

なお、夜間や早朝は危ないので近場でもタクシー利用を。少しの距離だからと過信せずに必ずタクシーを利用しましょう。

トライシクル

フィリピンのトライシクル

トライシクルというバイクに荷台をつけた乗り物です。タイのトゥクトゥクのような感じです。
こちらは主に大通りであるハイウェイから一本入った細めの道などで走っています。基本的にはジプニーとトライシクルは同じエリアを走りません。なのでジプニーが走らないエリアでトライシクルが走っています。

 

乗り方は簡単。空いているトライシクルが来たら手あげて止めて乗るだけ。少しずつ座席の形が違いますが、たいていのトライシクルはドライバーの後ろに2名まで、車内に4名までとなってます。
※始発地点から乗る場合は、満席になるまで乗って待ちます。

 

1区間7ペソ (約15円) でトライシクルも決まったエリアを行き来します。
ただエリアによっては貸し切りでルート外までというプライベートな使い方もできるので、人数が多い場合はどこまでいくらでと交渉することもできます。タクシーよりは割安です。

 

車内は狭いので場所をゆずりあって、入り口付近の席はしっかりつかまって落ちないように注意。
またドライバーの後ろに乗る場合は、バイクのマフラーで火傷する人が多いので降りる時は触らないようにしっかり確認しましょう。

セレスバス

週末にビーチなど離れた観光地に行く際に利用する大型の観光バスです。黄色いバスなので街中を走っていると目立つのですぐにわかります。

 

セブ島だと、2つあるバスターミナルからセブ島各地、さらに港からバスごと船に乗り近隣の島まで移動することが出来ます。セブ市内の学校に留学している場合は綺麗なビーチに行くにはどうしても長距離移動が必要です。フィリピンならではの道路状況や運転の仕方ですごく揺れますが、形は日本の観光バスと同じなのでジプニーよりは断然快適です。

 

エアコン付きとエアコンがないバスがありますが、100円ほどしか変わらないので迷わずエアコンバスに乗りましょう。全開の窓からの排気ガスや砂ぼこりも防げます。ただ、すごく寒くなる場合があるので上着は必須です。

セブサウスバスターミナル

セブノースバスターミナル

トライシカ

トライシカ

自転車版のトライシクルです。さらにローカル臭が漂います。これに乗るのは個人的にどうも気が引けます。特におじいちゃんドライバーの時は申し訳ない気持ちでいっぱいになります……。人力ですから。

通常4人まで乗車可能でエリアと距離によりますが、1人10ペソ程度から乗車できます。
主な利用は短距離だったり、荷物が多い場合に利用します。トライシクルと共存していることが多い。

ハバルハバル

ハバルハバル

いわゆるバイクタクシー。こちらは渋滞知らずでとても便利ですが、バイクの2人乗りということで最も危険な交通手段なので、若者留学生にもオススメはしません。

金額は交渉制でタクシーの6割くらいのイメージ。こちらは相場を知らないと難しいかも知れません。いくら?とドライバーが聞いてきます。外国人価格なので少し高めでも妥協したほうがよいです。

 

紛らわしいのですが、道端で声をかけてくる私服の人はもぐりです。
きちんと登録している人は、モールの前などにいておそろいのTシャツを着ているのでわかりやすいです。

 

どちらにしてもバイクの二人乗りになるので事故がないとは言い切れません。渋滞時は車の間を抜けていくので早いですがちょっと怖いことも。あとは貸してくれるヘルメットが汚かったり臭ったりもします、笑。
なので基本的には使わない方針でいいと思います。

 

以上がフィリピンでの交通手段の注意点まとめでした。交通手段を上手に使い分けて快適な移動と体験を兼ねた思い出づくりをしてくださいね。