フィリピン留学の食事はおいしい?子供へのアレルギー対応は?

フィリピン留学の食事はおいしい?子供へのアレルギー対応は?

フィリピンのみならず、全ての国で留学を検討するにあたって、食事面はもしかすると一番大事かもしれません。

絶対に欠かせないことですし、万が一口に合わなかったらそれだけでせっかくの留学が毎日憂鬱です。大人なら何とかなるかもしれませんが、親子留学で子供も一緒の場合、子供がご飯を食べられなかったらそれはもうサイアクです……。

 

本記事では、フィリピン留学で実際にどんな食生活を送るのかをご案内します。各ご家庭の食のスタイルに合うかどうかを確認して、語学学校選びの参考にしてください。

毎日の食事メニューを考えなくていい生活を体験してほしいです。

avatar

ママぴよ

フィリピン留学はほとんど食事付き

親子留学のごはん

韓国系学校の食事例

フィリピン留学ではほとんどの学校で食事が付いています。回数は1日2食~3食、平日のみもしくは土日も有りと学校によって異なりますが、欧米留学のように毎日食事の心配をすることがないのでとても楽です。

こちらもフィリピン留学の大きなメリットのひとつです。

 

あえてデメリットをあげるとすれば、以下のようなことです。

  • 食事内容を選べないので好きな時に好きなものが食べられない
  • 味は問題ないけどメニューがあまり代わり映えしないため、3ヶ月以上の長期留学をしていると飽きてしまう

 

もちろん学校もメニューが月に一度しか同じものを出さないように工夫したり、新メニューを毎月取り入れているところもあるので一概には言えませんが、食事面でのデメリットは主に以上の二点です。

ご飯は美味しいの?メニューはどんな感じ?

韓国系学校の食事

単刀直入に言って、皆さんが思っている以上に美味しいです!!

 

学校によって味やメニューに大きく差はありますが、日本人留学生が増え、競合校も増えてきているので、食事に力を入れる学校が多く、年々質が上がってきています。

 

メニューについては、フィリピン料理を中心に韓国料理イタリアン中華日本食も出る学校が多いです。

 

朝食は軽めの学校がほとんどで、パンご飯パンケーキなどにフルーツと卵というシンプルなメニュー。ランチとディナーは主食(ご飯または麺)メインのおかずサイドメニュースープといった感じです。

毎朝マンゴーが食べられる学校も!

avatar

ママぴよ

韓国系の学校のご飯は辛い?

取り分けスタイル

韓国系の学校でよく質問をされるのが、韓国料理は辛くて子供が食べられないのでは?という点です。こちらに関してはまず、問題ありません。

 

特に親子専門などの学校は、例え韓国系でも辛い味付けと辛くない味付けのメニューが選べるようになっているのでお母さんは辛め、お子さんは辛くないものという選び方ができます。

キムチも自由に取るスタイルなのでいらない人は食べないという選択ができます。

 

親子留学に力を入れている学校は、韓国系も多いので食事面で除外をせずに選択肢として入れておくと良いです。

日本食は出る?おいしい?

日本食メニュー

ほとんどの学校で日本食が出ます。頻度は学校によって様々ですが、日系の学校であれば毎日お味噌汁が出たり、丼ものや揚げ物など日本人にとって馴染みのあるメニューが多く安心です。

とはいえ毎日日本食というところはほぼないと思ってください。

 

おかずとしては、とんかつやからあげ、アジフライなどの揚げ物、野菜メインの炒め物、煮物なども出ます。アジの南蛮漬けなど凝った料理が出る学校もあります。

朝食

引用:Howdy English Academy

アレルギー対応

パラダイスイングリッシュランチ

アレルギーの対応をしてくれる学校は少数です。特に生徒数の多い学校では、一人ひとりに個別対応で食事を変えるのは難しいことが多いです。

 

そのため、アレルギーの多いお子様の場合は、キッチン付きの学校を選んで自炊をするというのが現実的です。ちなみに日本の食材や調味料は、セブであれば日本食材屋で手に入ります。

 

小規模校の場合は、事前のカウンセリング時にアレルギーを確認し、アレルゲンを除去した食事を提供してくれることもあります。これは個別での相談になります。

 

また、まれに見られるのが、マンゴーやパイナップルなどの南国フルーツアレルギーを留学中に発症する方です。

 

今までは問題なかったものの、南国フルーツは酵素も多く、留学中に毎日食べていて突然湿疹が出たという例もあります。その場合は、病院へ受診しアレルギーの診察を受けて投薬により処置します。

食事スタイル

親子留学での食事

 

食事のスタイルも様々です。

プレートにあらかじめスタッフの方がサーブして提供されたり、ビュッフェ形式で自分で列に並び好きなものを好きなだけ取るスタイル(おかわりも可)、少人数の学校であればテーブルに大皿料理が並び、全員でテーブルを囲みみんなで食べるというスタイルもあります。

 

SPEAの食事

みんなで食べるスタイルだとお子様がまわりの子供に影響されて苦手なものも食べてしまうといったいい影響も!

avatar

ママぴよ

乳児の離乳食の場合は?

離乳食

離乳食の対応をしてくれる学校は、残念ながらありません。

そのため、まだ離乳食の乳児を連れて行く場合には、アレルギーの場合と同じように、キッチン付きの自炊が可能な学校を選んだり、パックの離乳食を持っていくという方法になります。

語学学校で出るフィリピン料理

フィリピン料理

せっかくのフィリピン留学なのでフィリピン料理にも是非チャレンジしてみてください。

 

フィリピン料理はタイ料理のように香辛料をたくさん使うということがないため、癖がなくお子様でも食べやすいものばかりです。醤油、酢、砂糖での味付けが基本なので日本人向けです。

 

また、フィリピン料理は塩辛かったり油っこいというのが難点ですが、外国人向けの語学学校のシェフはそういったところも指導されているため、日本人好みに味付けも工夫しています。

フィリピンも主食はお米なので日本人も安心!

avatar

ママぴよ

フィリピン留学の語学学校のご飯まとめ

全体的に食べやすいとはいえ、各学校により食費への予算のかけ方、こだわりは異なります。

味は悪くないけど量が少なくおかわりもできない、量はあるけど全体的に大味でなかなか箸が進まなかった……。など様々です。

 

また、いつもの味が恋しくなった時のために、カップ麺をはじめ、レトルト食品やふりかけなど持参できるものは日本から持っていく方も多いです。

 

学校選びの際には、各校のご飯の傾向も確認することをおすすめします。

僕たちも見学に行ったら実際に試食をしています

avatar

チビぴよ

各校のご飯事情についてママぴよに質問してみる