【KredoKids】0歳からのセブ島親子留学は清潔で快適な環境で!

【KredoKids】0歳からのセブ島親子留学は清潔で快適な環境で!

2018年にオープンした親子留学専門のKredoKidsは日系の語学学校です。

校舎、宿泊施設共にセブシティ中心部にあるアヤラモールから徒歩5分という好立地。

大人や学生の一般留学もありますが、校舎は親子留学専用であり0歳児(生後6ヵ月)からの乳児さんもレッスンを受けることができるセブ島唯一の語学学校です。

KredoKids (クレドキッズ) の親子留学は赤ちゃんOK!

kredokids

0歳児 (6カ月) から受け入れ可能

セブ島シティエリアで快適に0歳からのバイリンガル教育』

こちらがクレドキッズのキャッチコピーです。

 

フィリピン留学でも親子留学がメジャーとなってきましたが、ほとんどの学校が3歳もしくは6歳からの受け入れとなっています。

まれに赤ちゃんも可能という学校もありますが、カリキュラムなどはなくベビーシッターに預けるというスタイルです。

 

そんな中、クレドキッズでは生後6か月の赤ちゃんから乳幼児専門カリキュラムを設け、英語を積極的に身に付けさせるというスタイルをとっています。

カリキュラム

赤ちゃんの英語レッスン

赤ちゃんクラス 目安の年齢:生後6カ月〜2歳

英語学習といっても、座って待っていることすら難しい赤ちゃん。レッスンは勉強という感じではなく、日本の保育園のように遊びと生活(ランチタイムやトイレタイムなど)を中心に行っています。

 

遊びながら、生活をしながら、耳では英語を聞いているようなイメージです。

どんな音でもすぐに吸収する赤ちゃんだからこそ、生の英語に触れる機会をたくさん作ってあげましょう。早ければ早いほど幼少期しか伸ばせない英語耳を鍛える効果があります。

Kredo公式サイトより

幼児クラス 目安の年齢:3〜5歳(幼稚園児)

幼児留学風景

幼児向けクラスは子供慣れしていて優しいフィリピン人の先生ととにかく英語を楽しむことを重点的に行います。

レッスンは、その時にいる子どもたちの人数と年齢によってクラス分けをするので英語に自信のない子供でも安心してレッスンに溶け込めます。

~ママぴよが見たレッスンの様子~
幼稚園生くらいの子ども達が楽しそうにおままごとをしていました。
子どもがおもちゃのイチゴを、先生が持つお人形に食べさせると、先生が「A strawberry!! Yummy!!」と言いそれを真似して子どもも「Yummy!」と言っていました。

日本でも行う遊びの中で自然と英語を身に付けていくイメージです。
先生の人数も十二分にいました。

メインの先生とサブの先生、それからアシスタントの先生もいて、この日に見たクラスは子どもの人数とほぼ同じ人数の先生がいました。

先生の数に対して子供の数が多い日本の保育園や幼稚園とは異なる部分ですね。

小学生クラス

1年生~3年生の低学年では、フラッシュカードによる単語やフォニックスによるアルファベットの発音、ルール、英語の歌やゲームを通じたアクティビティーによって楽しみながら、英語でのコミュニケーションの役に立つ表現を身に付けていきます。

 

4年生~6年生の高学年では、英単語のボキャブラリーを増やしながら、身に着いた英単語を使って表現していきます。単語だけではなく、英語を文章で話すことで伝わる楽しさや達成感を得ていきます。

学校施設は親子留学専門

クレドキッズ校内

子どもが過ごすレッスンの部屋は、壁に手作りの教材やアルファベットや数字などが飾ってあり、教室外の大人側から見ることができます。

 

一方、子どもから大人の姿が分かりにくくなるように、窓にはスモークが貼られているため子どもはしっかり集中してレッスンが受けられる環境です。

子どもレッスンの教室

おむつ交換スペース

授乳スペースやおむつ交換スペースも完備です!

avatar

ママぴよ

宿泊施設は高級コンドミニアムでセレブのような生活

クレドコンドミニアム

コンドミニアムロビー

フィリピン留学というと親子留学でも一般留学や他の家族と一緒に寮生活が基本となりますが、KredoKidsでは数種類の高級コンドミニアムの部屋を各家族専用の部屋とします。

 

一般的なフィリピン留学の寮生活とは違い、集団・共同生活ではないのでプライベートを確保したい方でも安心です。

 

宿泊先のコンドミニアムはアヤラモールに直結のPark point residence (パークポイントレジデンス)と、そこから徒歩圏内のSolinia (ソリニア)という高級住宅です。どちらも24時間ガードマンがいるため、セキュリティ面もしっかりしています。

Park point residence パークポイントレジデンス

パークポイントレジデンスリビング例

アヤラモールに直結の高級コンドミニアム。4Fにジムとプールとプレイグランドがあり、アヤラモール4Fのレストランフロアに直結しています。とにかくキレイ!全てがハイクオリティです。

パークポイントレジデンスベッドルーム

ベッドルーム例

2LDKや1LDKなど家族の人数によってお部屋の大きさを選ぶことが出来ます。

parkpointresidence

コンドミニアム内ジム

パークポイントレジデンスプール

コンドミニアム内プール

ファーストクラスプラン!

留学期間が1か月以上の場合のみ選択できる月100万円のプランがあります。最高級の2LDKのお部屋には広いリビング、キッチンはもちろん、トイレやシャワーが各ベッドルームにひとつずつあります。子どものおもちゃもありました。

 

同じ金額でハワイ留学をすると、このレベルの宿泊施設の滞在は不可能なので、同じ金額でセブ島でハイグレードな暮らし&留学を選択する方が多いそうです。

おじいちゃんやおばあちゃんと三世代での滞在も可能です。

クレドファーストクラスプラン

ファーストクラスプランのリビングの様子

Solinia ソリニア

クレドコンドミニアム

もちろん、リーズナブルなタイプのコンドミニアム・お部屋も有ります。親子留学ではママとお子さま二人だけなど、広さを重視しない場合も多いです。

 

こちらソリニアも校舎から徒歩5分で行ける距離にある高級コンドミニアムです。ワンルームからお部屋が選べますが、キッチンや冷蔵庫、シャワールーム、洗濯機などは完備であり生活に困ることはありません。

コスパ重視の方に喜ばれる施設です。

ソリニアセブ

キッチンの様子

ベッドルーム

ベッドルームの様子

各家族に専属ハウスキーパー

ハウスキーパー

Kredo公式サイトより

Kredoでは、学校専属のハウスキーパーさんが家事や育児を代行するサービスを提供しています。
ハウスキーパーは全員日本語のトレーニングを受けていて、『おなかいたい』『おしっこ』など子どもと過ごすうえでの最低限の日本語知識があるのも安心です。

 

具体的な内容としては以下の通りです。

  • ベビーシッティング / お子さまの送り迎え
  • 食事の支度(このお料理を作ってほしいとお願いできるように写真付きのツールがあり、和食もおにぎりやお味噌汁など対応可能)
  • お買い物
  • お掃除 / お洗濯などの家事全般

 

主婦がもうひとりいるようなイメージです♪

avatar

ママぴよ

英語が苦手でコミュニケーションに不安がある方でも、その日にやってほしいことを家政婦さんに伝えるためのチェックシートや、1日目にシッターさんとお母さんの希望のすり合わせをするカルテ作りがあるので心配はいりません。

 

お子様のアレルギーや性格に関してはもちろん、
例えば

  • お米は洗う時もウォーターサーバーの水を使ってほしい
  • 洗濯時の洗剤の量の指定

など、それぞれの家庭の心地よい感覚に合わせられるように配慮したきめ細かい対応も行っています。
いつもの生活スタイルを維持できるのも慣れない海外生活ではとてもプラスになります。

周辺環境

アヤラモール

多くのお店が集まっているセブで一番有名な巨大ショッピングモールであるアヤラモールは校舎・宿泊施設から徒歩5分の位置です。

日用品・食料品から、子どものおもちゃや洋服、大人の物も基本的になんでも揃えることができます。

 

また、ショッピングだけでなく映画館やレストラン、子どものプレイグラウンドなども充実しています。迷ってしまいそうなほど広いアヤラモールですが、Kredoのママさんスタッフが作ったアヤラモールの便利マップがあるので安心です。

 

また、校舎が入っているビルにもセブンイレブンやカフェ、ミシュランで星を取得したシェフのお店【The Pig and Palm】というレストランもあるので軽食などちょっとした用事は学校の敷地内で済ませることが出来ます。

 

ママぴよスタッフも宿泊施設2つと学校間を歩いてみましたが、道はさほど悪くはなく、どちらも近い距離なので小さなお子さんがいても大丈夫な範囲だと感じました。

セブシティ中心地・大型モール近くという事で治安も安心です。

日本人スタッフによる手厚いサポート

クレドにはマネージャーの鹿田さんをはじめ、ママの立場でもあるスタッフが在籍しています。学生インターンではわからないママ目線の対応も非常に安心できます。

 

そして実際の留学中は、学校のグループLINEに入ることで連絡がとれます。とはいっても寮生活ではないので、最大限の対応はしてくれますが、何かあった時にすぐスタッフが行けるわけではありません。そこは内部寮がある学校と異なるところです。

Kredokidsはこんな人におススメ&追加情報

kredo校内の様子

『ハイクラス親子留学。シティ派ママたちのコミュニティーを作りたい人に』

スタッフの方曰く、日本の高級ホテルと比較すると至らない点はあるとのことですが、だからこそ実現できるコストパフォーマンスでセブとは思えない快適さプライベートはしっかり確保できるとのことです。

施設・立地面は間違いなくセブ留学で最上級クオリティです。

GOOD POINT◎

  • コンドミニアム滞在、セブの中心地での大型モールまで徒歩圏内というのはとても便利
  • 専属ベビーシッターが生活に密着してくれるので、レッスン以外でも毎日の生活で英語に触れる環境
  • ハウスキーパーと一緒に買い物に行ったりフィリピンの文化やライフスタイルにも自然と触れることができる
  • 常に親子留学の生徒がいるので知り合いが増えて、ママコミュニティーができるのは今後に役立つ可能性有り

WEAK POINT✖

  • シティ中心部ということもあり、緑や南国リゾートを求める人には向かないかもしれません
  • 母子分離環境でお互いがレッスンに集中できる反面、生徒がほぼ日本人なので子供同士の会話が日本語になってしまう
  • 他校に比べ料金帯は高め