【Deti 体験談】セブにあるものは必要ない。だから私はドゥマゲテで親子留学。

【Deti 体験談】セブにあるものは必要ない。だから私はドゥマゲテで親子留学。

フィリピン親子留学で人気ナンバー1とも言われ、繁忙期は1年前から予約が始まるドゥマゲッティのDeti。今回はDetiで2人のお子さんを連れて親子留学をしたママさんにインタビューをさせていただきました!

留学期間:3週間で2週間目
お子さん:小学3年生の女の子と3歳の男の子
3歳の男の子はベビーシッター利用。

小規模校にしかできないレッスンプランアレンジ

————  今回、親子留学でドゥマゲッティにあるDetiを選んだ理由は何でしょうか?

山本さん希望に合わせたカリキュラムを個人に合った形でプランニングできること、それが私たちのベストだと思ったからです。

私には親子留学をする上で希望がいろいろありましたし、自分で全ての点について納得したいという気持ちもありました。DETiにもモデルプランはありましたが、個人の希望に沿った形をプランニングしてくれます。そこが、他の学校と大きく異なっていたので選びました。

少人数でアットホームな環境だからこそ、個人の希望に添ったプランニングができるのでしょう。個人の要望に応えることにかかる労力はとても大きいですが、それをしたいとオーナーさんが言っていて。ここを選んで良かったと感じています。

————  小規模校ならではの魅力ですね。具体的にはどんな希望をされたのでしょうか?

山本さん:主に私のレッスンプランの希望です。1週目はレッスンなし、2週目からレッスンをする、3週目はNGOの活動に興味があるので参加させてほしいと希望しました。

ドゥマゲテへは直行便がないのでマニラでの乗り換えをしなくてはなりません。私はそこがとても不安で母に付き添ってもらいました。その母と私で始めの1週間はドマゲッテを楽しみたかったから、1週目のレッスンはなしにしました。

わがまま放題が可能な学校

親子留学だったら、親のプラン、子どものプランと決まっている学校がほとんどです。ですがDETiでは、これだけ毎週異なるプランで対応してくれました。

あとは、レッスン時間を9時から10時にしてほしいとか、レッスン内容の変更希望とか。食事に関しても、最初は3食分お願いしていたのですが、息子があまり食べないので2食にしてくださいとか。

こちらが言った希望を、可能な限り叶えましょうというスタンスです。わがまま放題言う人間はここしか無理ですね。笑

————  Detiの対応力は本当にすごいと思います。ところでお子さんは日本で英会話スクールに通われていたのですか?

山本さん:上のお姉ちゃんは3歳から週1でやっていて、留学前になるべく英語を身につけなくてはと思い、小3になってからは週3で通っています。なので英語には慣れていると思います。
下の息子もインターナショナルスクールに行っているので、英語環境には慣れていましたね。

外国へのネガティブなイメージも払しょく

————  姉弟どちらも英語への親しみがあったのですね。英語慣れをしていたお子さんたちはすぐにDETiの先生やドゥマゲテの生活に慣れましたか?

山本さん:うちの子たちはどちらも人見知りしないタイプなので、先生に慣れなくて困ることはなかったです。娘は一日目から、日本の学校よりも楽しいと言っていました。

話を聞いてみると英語の勉強をせずに遊んでいるだけなのではとも思いましたが、遊びを通してこんな英語を覚えたよと嬉しそうに話してくれる娘を見ていると、「来てよかったね。楽しくてよかったね。」と心から思います。

留学前は、行くこと自体を嫌がっていました。なので、一日目に楽しいと思ってくれたことにホッとしました。

————  娘さんはどういった不安があったのでしょうか?

山本さん:以前海外旅行に行った時、英語の学習目的で娘をキッズクラブに預けました。ですが、そこに来ている子どもたちは、学習目的ではありませんでした。韓国人は韓国語で盛り上がり、中国人は中国語で盛り上がる。

娘が英語で「What is your name?」と聞いても、向こうはきょとんとして母国語で話続ける。誰も一緒に遊んでくれなかったそうです。それで、娘には外国にネガティブなイメージがありました。なので、初日に楽しいと聞けて本当に安心しました。

————  なるほど。一度そういう体験をしてしまいトラウマのようになってしまう子は実際かなり多いです。”娘さんが楽しく過ごすことが出来る”というのも学校選びの重要条件でしたか?

山本さん:それが一番の条件だったかもしれません。
選ぶ決め手は一人ひとりにカスタマイズすることでしたが、土台に娘が楽しめる学校というのがありました。今娘は朝起きてから寝るまで楽しいと言っているので、DETiにして良かったです。

————  なるほど。娘さんが楽しく留学生活を送れているようでよかったです。娘さんが「楽しい!」と太鼓判を押すDETiの子どものレッスンはどんな感じでしょうか?

山本さん:午前はきちんとレッスンですが、午後は遊びレッスンで先生と一緒にプール入ったりクラフトをしています。
うちの子はとにかく遊びたがりなんです。先生がその気持ちを「だめ」と抑える感じではなく、うまく誘導してくれていると思います。スタンスが楽しく学ぶなんでしょうね。娘は宿題自体も楽しんでいます。意欲的になってくれたので良かったと思っています。

息子はベビーシッターさんが面倒を見てくれていますが、少しレッスンの要素も取り入れられていると思います。とても優秀なシッターさんで、息子は彼女が来る時間をいつも楽しみにしているほど大好きです。

週末に遠出しなくても満足な環境

————  遊びながら楽しく学んでいる姿伝わってきます。週末のどんな風に過ごしているのですか?

山本さん:土日はDETi内で過ごしました。敷地内でも充分に遊ぶスペースとプールがあるので嬉しいです。私は一人で子どもを二人連れて、船に乗ってシュノーケルしに行くことは不安でできません。子ども二人を連れてショッピングもする気が起きません。なので、私たちには街は必要なくて。学校で遊べて、プールも入れて、目の前の海で遊ぶことができるのはありがたいです。娘はとても喜んでいました。

————  DETiの広い敷地とプールと目の前が海のロケーションは魅力の1つですよね。平日のレッスン以外でも敷地内で遊んで過ごしているのですか?

山本さん:シッターさんがいる時間であれば、私ひとりで近場へ買い出しに行くこともあります。私にはある程度のフリータイムがあるので、マッサージも受けました。マッサージ店が近くにはないので、上手な人を呼ぶ形です。マッサージ店だとこの人は当たりとかこの人は外れとかありますが、個人で来てもらっているからそれがないので良いです。

5時までシッターさんがいて、6時からご飯だから、1時間はのんびり遊んだりして過ごします。娘は3時にレッスンが終わって、それからは敷地内で友達と遊んで過ごしています。

————  安全な敷地内だからこそ各々の時間を過すことができますね。生活面ですが、フィリピンの衛生面は大丈夫でしたか?

山本さん:ありとあらゆる情報を調べ、対策をしてきているので今のところ大丈夫です。というのも、渡航前からとても心配な点のひとつでした。以前息子が海外で高熱を出し、入院したことがあったので、衛生面にはかなり気を使っています。

親子留学は今回限りではないと思っているので、日本国内にいる時にお医者さんにその旨を話してありとあらゆる予防注射をしました。

蚊対策で病院の先生からステロイド入りの塗り薬をを処方してもらいました。耳鼻科に行った時にフィリピンに行くことを話して、抗生物質を少し多めに処方してもらって念の為に持参しています。ダニスプレーやノロエースのスプレーも持ってきています。虫よけはイカリジン15%入っている黄色の天使のスキンベープがおすすめです。

日本人基準での衛生環境が整う学校

————  対策ばっちりですね。DETiの衛生面はお母さん的にはどう思いますか?

山本さん:発展途上国という環境の中で日本人が最善を尽くしている学校がDETiだと思います。
日本でも海辺のペンションと都会のマンションの衛生環境が違うように、フィリピンも場所によって異なりますよね。

DETiは、途上国の田舎と考えたら非常にきれいにしていると思います。
設備に関しては日本のようなクオリティを求められませんが、日本人が経営しているので、その中で快適に過ごせるように、清潔に過ごせるように最善を尽くしている学校言えます。

————  掃除が行き届いて気持ちがいい学校ですよね。最後にお母さんが思うDETiのおすすめポイントを教えてください!

山本さん:オーナーさんの考え方が素敵です。「お客さんの希望を叶えましょう。」というスタンスで、いろんな人からのいろいろな意見を聞いて、常に改善しています。常にお客さんが心地いいように心がけています。

実際に「どうしたらあなたはもっとリラックスできますか?」と最初の週はよく聞いてくださりました。もしそれがわからなくても、私が思うベストはこれですとオーナーさんが提案してくれます。

そんなオーナーさんの姿勢が私は大好きです。オーナーさんに影響されてか、スタッフさんたちもホスピタリティ溢れています。全体がそういう雰囲気で、こちらにもそれが伝わります。これからもより良く進化していく学校だと思います。

————  ママぴよもDetiのオーナーさんとはずっと仲良くさせていただいていますし、とても素晴らしい方々だと思います!本日はお忙しい中お時間をとってくださりありがとうございました。

Detiについての詳しい情報はこちらの記事をどうぞ