英語力が無くてもフィリピンなら親子留学できます。

英語力が無くてもフィリピンなら親子留学できます。

ママぴよにお問い合わせがある親子留学希望者のうち、ママが全く英語喋れません!という人は全体の半数以上です。

英語を勉強するための留学とはいえ、小さい子供を連れての海外渡航には変わりないので、英語初心者ママはなかなか一歩踏み出せないという方が普通です。

ちなみに、親子留学者の傾向としては、ママぴよでのカウンセリングから統計を取ると

  • ご自身が英語がまったくできないというコンプレックスがあり子供には英語を習わせたいパターン
  • 親はある程度できるが、自分では教えられないから子供にも英語を習わせたいパターン

以上の二つが主な理由です。

英語が苦手でも心配ありません。

正確には、もちろん喋れるに越したことはないですが、できなくても親子で留学はできます。

ママからの事前相談で、『私自身はまったく英語ができないのですが大丈夫ですか?』という相談はとても多いです。

 

フィリピン留学の場合は、ご自宅から現地空港まではご自身で渡航という形が一般的で、空港には学校スタッフがピックアップに来るのでそこまで来ることができればもう大丈夫。そこからは日本語での対応が可能です。(場合によってはフィリピン人スタッフのピックアップの場合もあり)

 

そのため、親子で日本から飛行機に乗るということさえクリアできれば、何の問題もなく留学を開始することができます。”留学をする”ので飛行機に乗るまでは例え英語がゼロレベルで出来ないとしてもなんとかがんばりましょう。

 

フィリピン留学は早ければ高校生が一人で来る場合もあります。また、最近ではシニアの方も増えていますがみなさんきちんと現地までたどり着いています。

日本からの搭乗は日本人CAもいるので過度な心配はいりませんよ

avatar

ママぴよ

学校には日本人スタッフ常駐のため安心

日本人スタッフ

ママぴよの提携校には必ず日本人マネージャーまたはスタッフが常駐しています。日系の学校に限らず韓国系の学校もです。

そのため、学校へ入学してからも質問事項やトラブルがあった場合には、すぐに日本語での対応が可能です。

 

また、万が一の病気や怪我の場合にも、日本人の通訳のいる保険代理機関との提携がある学校がほとんどのため、日本語による受診もできます。(エリアによっては対応外のため、学校スタッフによる付き添いの場合も有)

英語は多少できるが医療専門用語までは自信がないというママでも安心です。

 

また、ママぴよファミリーもセブ市内に在住なのでセブの学校であれば緊急時には駆けつけることもできます。

最低限の簡単な単語はおさらいを

とはいえ、やはり海外生活。単語だけでもいいので英語が口から出るのは大変心強いし便利です。トラベルイングリッシュでもいいので簡単におさらいをしていくことをお勧めします。単語だけでも伝えられると、どんな場面でもやり取りのスムーズさが違います。

 

また、留学中はいつでも日本人スタッフが付き添ってくれるという訳ではありません。授業後や土日の外出時はご自身での行動です。学校主催のアクティビティや提携しているマリンスポーツなどでは日本人スタッフが同行することもありますが、個人的な外出の場合はすべて自分たちです。

親子でお出かけ

タクシーに乗ってモールへ行く、レストランで食事をする、買い物をする、マッサージへ行く。すべてにおいて英語を使う場面が発生します。もちろん、メニューの指差しなどで乗り切れる場合がほとんどですが、外出先で何かトラブルが発生するということもゼロではありません。

 

そんなときにトラベル英会話でもいいので、多少できると安心感が違います。いざとなれば単語を並べて身振り手振りでもフィリピン人はきちんと汲み取ってくれるので心配することはありませんよ。

フィリピン人も英語は第二言語でみんな勉強をして喋れるようになった人たちなので気持ちを分かってくれるのです!

avatar

ママぴよ

実はもう解っている英語。恥ずかしがっているだけ

中学校から英語を3~6年間学んでいる日本人は英語の基礎力は持っています。ただ日本人の性質上、間違ったらどうしよう、発音が悪くて伝わらないかも……。という英語を話すことへの恥ずかしさや抵抗感が英語をできないと言ってしまう理由です。

 

フィリピン留学に来ている韓国人や台湾人は発音が悪くても文法ができなくてもどんどん発言します。それが伸びるポイントでもあるのです。
自分は英語ができない!と思っているママも実は基礎力は持っていて少しの努力と恥ずかしさを取っ払うことでぐんと英語が伸びる可能性もあります。いや、ほとんどそうと言い切れます。

 

留学に来たら自分たちを知っている人は周りにいないので、思い切って社交的になってみるのも良いですよ!

留学中はリラックス目的で何もしないあり。だけど……

マッサージ

ままピヨではお子様はしっかり英語を遊ぶように学び、ママは日頃の忙しさから開放されてリラックスをというのがコンセプト。

 

なのでママは親子留学中は勉強せずにリラックスするもよし。エステやマッサージ、買い物などで日本ではできないのんびりした時間を過ごしてみるのも良いです。

 

でも、もし英語が少しでもできるようになりたいと思ってるなら、もう若くないし……と諦めたり開き直るのではなく、時間があればママも一緒に子供と英語を習うととても面白く、良い経験ができると思います。

私もペラペラではないですが、いまだに見学がてらレッスンを受けるのがとても楽しみです。

avatar

ママぴよ

リラックスもいいけど、せっかく子供が頑張っているなら私もというママは、ぜひお子様と一緒に英語学習をスタートさせてみてはどうでしょうか?

 

フィリピン人は初心者向けに英語を教えるのがとても上手。なぜなら先ほど伝えた通り、自分たちも英語を第二外国語として努力をして習得したから。つまづきポイントもしっかりわかってるんです。

 

明るいフィリピン人の先生と楽しく英語を学べばコンプレックスだった英語がいつの間にか趣味に変わっているかも。お子様と一緒に成長して、帰国後も継続して続ければお子様の英語学習のモチベーション維持にもなります。

渡航前にどうやって勉強するのが良いかなど、学習相談も承っているので心配な方は遠慮なくご相談くださいね!

avatar

ママぴよ